トップ > 多汗症対策 > 汗の対策方法

多汗症対策4つのポイント

多汗症でみんなが困っていること

多汗症を治療するためには、まず第一になるべく汗をかかないようにすることが重要。発汗を抑えることができれば、多汗症の症状も治療できます。とはいえ、発汗は意識して止められるものではないので、具体的な工夫が必要です。ここでは、発汗を抑える、つまりできるだけ汗をかかないようにするために有効な方法についてご紹介します。今日からでもすぐ実績できる方法なので、多汗症にお悩みの方はぜひ実践してみてください。

精神的な原因(ストレス・緊張・不安)

なるべく汗をかかないようにするために、簡単にできるケア。その1つが、太い血管を冷やす、ということ。体の部位でいえば、首筋など。首筋には脳に血液を送るための太い血管が通っているので、首筋を冷やすことは汗をかかないようにするためには非常に有効です。血液は熱を伝えやすく、また全身を循環しているため、血液を冷やすことで効率的に体温を下げることができ、しかも末端までくまなく冷やしてくれるのです。

フォト

食生活の改善

なるべく汗をかかないようにするために、簡単にできるケア。その1つが、食生活の改善です。例えば、熱いものを食べれば汗がでるのは当たり前です。辛いものを食べても大量に汗をかくため、汗をかきたくないときにはそういったものは避けましょう。また、水分を大量に摂取すると、体内の水分量を調節する機能が働いて汗をかきやすくなります。こういったものを避けながら、発汗量を調節する働きがあるイソフラボンを中心とした食生活にしていきましょう。

フォト

肌を清潔に保つ

汗をかかないようにする、という方法ではありませんが、多汗症の人の人がなるべく実践していきたいケア。それが、肌を清潔に保つ、ということ。肌を清潔に保っても、多汗症が治療できるわけではありませんが、それでも多汗症の弊害をある程度抑えることができます。例えばニオイや汗ジミなどは、肌を常に清潔に保つ努力をしていれば、未然に防ぐことができます。肌を清潔に保つには、定期的に下着を取り替える、デオドラントグッズを使用するなどの方法が有効です。

フォト

多汗症治療でオススメの美容外科

品川美容外科

当サイト一押し

多汗症でおすすめの病院として、口コミでもっとも評判が高いのが品川美容外科。あらゆる美容整形に精通している、美容医療業界最大手の病院です。もちろん、多汗症治療も請け負っており、高い施術レベルでの治療が期待できます。品川美容外科の多汗症治療は、「切らない・痛まない」のが大きなポイント。身体に傷を残さないので気軽に受けられますし、ダウンタイムが少ないため術後の生活もすぐに安定します。

このクリニックのオススメポイント!

美容医療業界最大手の看板は
裏切らない!

多くの患者から信頼を集め続けて、26年。美容医療業界の先陣を走り続けた実績のある品川美容外科は、事前カウンセリングからアフターケアまでばっちり患者さんに寄り添ってくれる、最高の美容クリニックなのです。

品川美容外科

公式HPはこちら

口コミを見る

口コミで人気!多汗症治療でオススメの病院をチェック!

人気のクリニックを見る

多汗症について

多汗症対策4つのポイント

オススメの美容外科一覧

編集部のつぶやき

多汗症を根本的に治療するには、病院での手術がいちばんです。しかし、日常的なケアを行い続けることも重要で、ちょっとした気遣いや工夫で対処することができるのであれば、それがもっとも負担の少ない方法といえるでしょう。日常的なケアを行う上で大切なのは、汗をそのまま放置しない、ということです。汗そのものはまったく害のあるものではありませんが、雑菌を繁殖させるエサになってしまうので、汗をかいたらすぐに拭き取るということが重要なのです。