トップ > 多汗症対策 > グッズで体温を下げる

多汗症対策4つのポイント

グッズで体温を下げる

汗をかかないようにするためには、体温を下げることが大切。もともと、汗は体温を下げる役割を持っているので、体温を上げなければ汗の分泌は抑えられます。とはいえ、発汗と同様に、体温の上昇も意識するだけでは止められませんので、具体的な工夫が必要となります。そこで、身近にあるグッズを利用してみましょう。ここでは、体温を下げるために有効な、身近にあるグッズについてご紹介します。手元にあるもので、上手に体温を下げていきましょう。

冷却ジェルシートを首筋などに貼る

身近なグッズで体温を下げるなら、冷却ジェルを首筋に貼ることをおすすめします。首筋には太い血管が通っており、血流量も他の部位より格段に多いのです。体温は血液に沿って変化するので、血流量の多い首筋を冷やすと、すぐに全身がひんやりと気持ちよくなります。体を冷やす、というのは誰でも思いつくことですが、適切な部位を選ぶというひと工夫が、冷却効果を何倍も高めるのでお試しあれ。他にも、ふくらはぎやわきの下などを冷やすのも効果アリです。

フォト

冷却スプレーで体を冷やす

身近なグッズで体温を下げるなら、冷却スプレーをおすすめします。ただ水を噴霧するだけでも冷却スプレーといえそうですが、アルコール入りのものを使用してみましょう。ただの水よりも、すうっと気持ちよく冷えるはずです。その理由は、アルコールは蒸発しやすく、蒸発する際に気化熱を奪うからです。つまり、アルコールが蒸発するときに周囲の熱を奪うので、アルコールが触れた部分の皮膚がひんやりと冷たくなるのです。

フォト

水で濡らしたハンカチでも効果あり!

身近なグッズで体温を下げるなら、水で濡らしたハンカチをおすすめします。身近に涼感グッズがない! というときには、ハンカチ一枚で作れる自作涼感グッズを試してみましょう。水をたっぷり吸ったハンカチを、熱のこもった部位に当てるだけで気持ち良い涼しさが得られます。その際には、冷却ジェルを使用するときと同じように、血流量の多い場所を冷やすようにすると効果が高まります。首筋、ふくらはぎ、わきの下、または額などを冷やしてみましょう。

フォト

多汗症治療でオススメの美容外科

品川美容外科

当サイト一押し

多汗症でおすすめの病院として、口コミでもっとも評判が高いのが品川美容外科。あらゆる美容整形に精通している、美容医療業界最大手の病院です。もちろん、多汗症治療も請け負っており、高い施術レベルでの治療が期待できます。品川美容外科の多汗症治療は、「切らない・痛まない」のが大きなポイント。身体に傷を残さないので気軽に受けられますし、ダウンタイムが少ないため術後の生活もすぐに安定します。

このクリニックのオススメポイント!

美容医療業界最大手の看板は
裏切らない!

多くの患者から信頼を集め続けて、26年。美容医療業界の先陣を走り続けた実績のある品川美容外科は、事前カウンセリングからアフターケアまでばっちり患者さんに寄り添ってくれる、最高の美容クリニックなのです。

品川美容外科

公式HPはこちら

口コミを見る

口コミで人気!多汗症治療でオススメの病院をチェック!

人気のクリニックを見る

多汗症について

多汗症対策4つのポイント

オススメの美容外科一覧

編集部のつぶやき

気温と直接関係ないのに、体感温度とは密接な関わりがある湿度。湿度が高いと、気温は低くても蒸し暑さを感じてしまいます。これは、湿度が高いと汗をかいても汗が蒸発しないため、体温が下がらないからです。湿度の高さは不快指数ともいわれ、高ければ高いほど蒸し暑くて不快に感じられるのです。そんな場所に多汗症の人が旅行すると大変なことに。病院で手術を受けて治療して、多汗症を治してから行ったほうが、旅行もきっと楽しめるはずです。