トップ > 多汗症の手術方法 > ボツリヌス・トキシン

手や足、わきなどから大量に発汗する多汗症。汗をかくだけ、とはいってもニオイや見た目も気になる症状です。一刻も早く治療したい、というときには、病院の手術を受けることをおすすめします。病院で受けられる多汗症の治療として、もっともよく知られているのがボトックス注射と超音波治療。どちらも多汗症の症状に対して有効なアプローチです。ここではこの二つの治療法と、保険適用についてご紹介します。

ボツリヌス・トキシンによる治療

ボツリヌス・トキシン治療とは

ボツリヌス・トキシンによる治療では、患部にボツリヌス・トキシンを注射します。注射するだけなので施術にかかる時間も短く、一般的に5分から10分で終了します。もちろん、入院をする必要もなく通院をしたその日にすぐ家に帰ることができるので、学業や仕事で予定を空けにくい人でも利用しやすい施術といえます。料金は、一般的に1万5千円から2万円前後。ですが、病院によって料金は異なるため、治療を受ける前に必ず確認するようにしましょう。

フォト

処置時間 5~10分
料金 15,550円 〜 22,960円
抜糸 必要ありません
処置(治療)後の通院 必要ありません
ハレ 注入口…1週間以内
内出血 内出血が出る場合があります(※個人差があります)
入院の必要性 必要ありません
麻酔 ご希望の場合は局所麻酔を併用します(有料)
痛み 麻酔を使用すれば痛みを抑えることができます
メイク/洗顔 当日より可能です
シャワー入浴 当日より可能です
(※注入部を強くこすったり、長湯は避けて頂くようお願いいたします)
激しいスポーツ 当日より可能です
その他 脱毛の自己処理は2~3日後、レーザー照射は1週間後、
プールやサウナ等は2~3日後より可能です
  • ※個人差がございます、あくまで目安とお考えください
  • ※全国的な相場や施術内容になります。
  • ※クリニックによって施術内容や費用が異なりますので、事前にクリニックのホームページ等で、内容をよく調べてからカウンセリングを受けましょう。

術後のケアについて

もっと詳しく見る

ボツリヌス・トキシン治療を受けたあとのケアについてご紹介します。ボツリヌス・トキシンを注射することによって、患部周辺の筋肉や神経の働きを弱めることができます。ですから、手術直後は患部周辺の感覚が鈍くなりがち。筋肉が弱るということは、つまり筋力が落ちるということでもあるので、ボツリヌス・トキシンの治療を受けた直後はしばらく安静にしておくことをおすすめします。病院で手術を受けた後、数日から数週間ほどすれば違和感も消え、通常どおりの生活に戻ることができます。継続的な通院は必要ありません。ですが、ボツリヌス・トキシンの効果は半年から1年ほどで消えてしまうため、多汗症治療の効果を持続させたい場合には通院、再治療が必要となります。

多汗症治療でオススメの美容外科

品川美容外科

当サイト一押し

多汗症でおすすめの病院として、口コミでもっとも評判が高いのが品川美容外科。あらゆる美容整形に精通している、美容医療業界最大手の病院です。もちろん、多汗症治療も請け負っており、高い施術レベルでの治療が期待できます。品川美容外科の多汗症治療は、「切らない・痛まない」のが大きなポイント。身体に傷を残さないので気軽に受けられますし、ダウンタイムが少ないため術後の生活もすぐに安定します。

このクリニックのオススメポイント!

美容医療業界最大手の看板は
裏切らない!

多くの患者から信頼を集め続けて、26年。美容医療業界の先陣を走り続けた実績のある品川美容外科は、事前カウンセリングからアフターケアまでばっちり患者さんに寄り添ってくれる、最高の美容クリニックなのです。

品川美容外科

公式HPはこちら

口コミを見る

口コミで人気!多汗症治療でオススメの病院をチェック!

人気のクリニックを見る

多汗症について

多汗症対策4つのポイント

オススメの美容外科一覧

編集部のつぶやき

毒を以て毒を制す、という言葉がぴったりの、ボツリヌス・トキシンによる多汗症治療。毒を用いるとはいうものの弱毒性で、体に大きな悪影響を与えることはありません。手術よりも体に負担が少なく、注射をするだけで良いという手軽さが人気を呼んでいます。多汗症治療を専門としている多くの美容外科で施術を受けることができますが、病院によって取り扱っているボツリヌス・トキシンの特性が異なり、中には品質が劣るものも。病院選びは慎重に行いましょう。