トップ > 多汗症の手術方法 > 超音波治療

手や足、わきなどから大量に発汗する多汗症。汗をかくだけ、とはいってもニオイや見た目も気になる症状です。一刻も早く治療したい、というときには、病院の手術を受けることをおすすめします。病院で受けられる多汗症の治療として、もっともよく知られているのがボトックス注射と超音波治療。どちらも多汗症の症状に対して有効なアプローチです。ここではこの二つの治療法と、保険適用についてご紹介します。

超音波による治療

超音波治療とは

超音波治療は、特殊な機材から照射される超音波の振動を利用します。患部まで振動が行き渡るようにするため、多少の時間がかかりますが、それでも一般的な施術時間は約20分。大掛かりな手術よりも圧倒的に短時間で終了します。施術費用の平均は、約20万円から30万円。保険が適用されない自由診療であるため、治療費は全額自己負担となります。ですが、その治療費に見合うだけの効果が得られる治療方法といえます。

フォト

処置時間 20~30分
料金 229,620円〜322,220円
抜糸 必要ありません
処置(治療)後の通院 必要ありません
ハレ ごく稀に、腫れる場合があります。
その際腫れを除く治療が必要なことがあります。
2cm程度
入院の必要性 必要ありません(※手術後ガーゼでワキの下を1日間固定)
麻酔 局所麻酔
メイク/洗顔 当日より可能です
シャワー 当日より可能です
(※下半身を中心に傷口固部分を濡らさないように)
激しいスポーツ 軽い運動は約1週間、激しい運動は約3週間はお控えください
その他 カウンセリングの際はシャワー・制汗剤・香水等の利用をお控えください
  • ※個人差がございます、あくまで目安とお考えください
  • ※全国的な相場や施術内容になります。
  • ※クリニックによって施術内容や費用が異なりますので、事前にクリニックのホームページ等で、内容をよく調べてからカウンセリングを受けましょう。

術後のケアについて

もっと詳しく見る

超音波治療を受けたあとのケアについてご紹介します。メスで皮膚を切開するような手術とは異なり、超音波による多汗症治療ではメスを一切使用しません。体に傷を作ることなく、患部に直接的な治療を施すことができるのです。ですので、超音波治療を受けたあとは、縫合をしたり、抜歯をするようなケアは必要ありません。ダウンタイムも少ないので、すぐに通常の生活に復帰することができます。手術を受けたその日に病院から退院することもできますし、入浴することや、運動をすることも可能です。もし万が一、患部に違和感を覚えるようなことがあれば、すぐに美容外科の担当医に相談しましょう。また、治療を受けたことで多汗症の症状が解消されたものの、その後再発してしまった、という場合でも、同様に美容外科の担当医にそのことを相談しましょう。病院によっては、無料で再治療してくれるところがあります。再治療の保証がついている病院であれば、万が一のときにも安心です。

多汗症治療でオススメの美容外科

品川美容外科

当サイト一押し

多汗症でおすすめの病院として、口コミでもっとも評判が高いのが品川美容外科。あらゆる美容整形に精通している、美容医療業界最大手の病院です。もちろん、多汗症治療も請け負っており、高い施術レベルでの治療が期待できます。品川美容外科の多汗症治療は、「切らない・痛まない」のが大きなポイント。身体に傷を残さないので気軽に受けられますし、ダウンタイムが少ないため術後の生活もすぐに安定します。

このクリニックのオススメポイント!

美容医療業界最大手の看板は
裏切らない!

多くの患者から信頼を集め続けて、26年。美容医療業界の先陣を走り続けた実績のある品川美容外科は、事前カウンセリングからアフターケアまでばっちり患者さんに寄り添ってくれる、最高の美容クリニックなのです。

品川美容外科

公式HPはこちら

口コミを見る

口コミで人気!多汗症治療でオススメの病院をチェック!

人気のクリニックを見る

多汗症について

多汗症対策4つのポイント

オススメの美容外科一覧

編集部のつぶやき

毒を以て毒を制す、という言葉がぴったりの、ボツリヌス・トキシンによる多汗症治療。毒を用いるとはいうものの弱毒性で、体に大きな悪影響を与えることはありません。手術よりも体に負担が少なく、注射をするだけで良いという手軽さが人気を呼んでいます。多汗症治療を専門としている多くの美容外科で施術を受けることができますが、病院によって取り扱っているボツリヌス・トキシンの特性が異なり、中には品質が劣るものも。病院選びは慎重に行いましょう。