トップ > 多汗症の手術方法 > 保険適応の施術について

手や足、わきなどから大量に発汗する多汗症。汗をかくだけ、とはいってもニオイや見た目も気になる症状です。一刻も早く治療したい、というときには、病院の手術を受けることをおすすめします。病院で受けられる多汗症の治療として、もっともよく知られているのがボトックス注射と超音波治療。どちらも多汗症の症状に対して有効なアプローチです。ここではこの二つの治療法と、保険適用についてご紹介します。

保険適応の施術について

保険適応の施術とは?

フォト

手術を受ける際、気になるのが「保険が適用されるかどうか」ということ。保険に加入している人が、保険の適用対象である施術を受ける場合、治療費の負担が軽減されます。自己負担額は、本来の治療費の3割程度で済むのです。つまり、1万円の治療であっても3,000円で受けることができるので、多額の治療費がかかる施術であっても安心して受けることができるのです。また、治療費があまりにも高額で3割負担でも難しいという場合、一定金額以上を超えた分に関しては払い戻しが受けられるという高額療養費の制度もあります。いずれにせよ、この制度が利用できるのは保険に加入していることと、保険の対象である手術を受けた場合に限られますので、事前にこの2点についてよく確認しておきましょう。

保険を使えるのはどんなとき?

病院で治療を受けるとき、保険が適用される場合と、適用されない場合があります。適用されると思い込んで病院で治療を受けた結果、実はその病院では適用されない治療・手術だった、ということがないように、ここでは治療や手術に対して保険が適用される条件についてご紹介します。まず、基本的に保険が適用される手術は、病院で受ける医療目的の手術に限られます。これは、傷や病気を治す治療に代表されるように、健康や生命を回復するための施術です。一方で、美容系の病院で受ける美容整形や多汗症の治療は、一般的に美容目的での施術とされ、医療目的ではないことから保険の適用は受けられません。ですが、美容目的の施術であっても保険が適用されるものもあるのです。その条件は、大掛かりな手術でなければ治せない、というような、症状が非常に重篤であると認められる疾患であること。ワキガや多汗症も、症状が重篤であれば保険が適用される可能性があるのです。いずれにせよ、多汗症治療を受ける前に担当医に相談してみましょう。

保険診療のメリット・デメリット

健康保険が適用される「保険診療」と、健康保険が適用されない「自由診療」。患者側の立場からみれば、保険診療のほうが治療費が安く済むためお得であるように思えます。しかし、実は保険診療にもデメリットがあり、様々な観点から自由診療と見比べ、どちらが良いのか選ばなくてはならないのです。まず保険診療のメリットとしては、治療費の負担が軽減されるため、利用しやすいことが挙げられます。金銭的な問題で適切な治療が受けられない、というような状況を回避することができるので、非常に便利です。一方、デメリットとしては、施術内容やその方針をほとんど選べない、という点が挙げられます。健康保険が適用されるということは、医療目的の施術を行うということ。ですから、美容を重視した施術を選んだり、痛みのない施術、仕上がりの美しい施術といった条件を提示することが、基本的にできないのです。治療費の軽減を取るか、施術の自由度を取るか、その点をよく考えて選ぶようにしましょう。

多汗症治療でオススメの美容外科

品川美容外科

当サイト一押し

多汗症でおすすめの病院として、口コミでもっとも評判が高いのが品川美容外科。あらゆる美容整形に精通している、美容医療業界最大手の病院です。もちろん、多汗症治療も請け負っており、高い施術レベルでの治療が期待できます。品川美容外科の多汗症治療は、「切らない・痛まない」のが大きなポイント。身体に傷を残さないので気軽に受けられますし、ダウンタイムが少ないため術後の生活もすぐに安定します。

このクリニックのオススメポイント!

美容医療業界最大手の看板は
裏切らない!

多くの患者から信頼を集め続けて、26年。美容医療業界の先陣を走り続けた実績のある品川美容外科は、事前カウンセリングからアフターケアまでばっちり患者さんに寄り添ってくれる、最高の美容クリニックなのです。

品川美容外科

公式HPはこちら

口コミを見る

口コミで人気!多汗症治療でオススメの病院をチェック!

人気のクリニックを見る

多汗症について

多汗症対策4つのポイント

オススメの美容外科一覧

編集部のつぶやき

保険が適用される「保険診療」と、保険が適用されない「自由診療」。どちらも明確に違い、メリットデメリットもそれぞれである形態ですが、実はこれらの長所を合わせた診療形態もあるのです。それが「混合診療」。混合診療は、全体的には保険の対象であるような医療目的での施術を選びながら、保険の対象外である未認可の薬を使って欲しい、というような、患者さんの要望に細かく対応できる診療形態となっています。